• HOME
  • 館内案内
  • ご利用案内
  • イベント&ニュース
  • ライトアップ
  • 割引特典
  • 福岡タワーについて
 
 
 
 
 
タワープロフィール

タワーの歴史

タワーのおはなし

福岡タワーとエッフェル塔の不思議な縁―パリのエッフェル塔は1889年、フランス革命100周年を記念したパリ万国博覧会(EXPO)をきっかけに誕生しました。そのちょうど100年後にあたる1989年、福岡市制100周年記念のアジア太平洋博覧会(よかトピア)のモニュメントとして誕生したのが福岡タワーです。当時、NHKと各放送会社のテレビ塔を移転しようという構想があり、同時期、福岡市は博覧会会場としてユニークなパビリオンを出展したいと知恵を絞っていました。そして、両者の想いがドッキングして「電波塔」と「観光・展望タワー」の役割を併せ持つ全国でもユニークなタワー計画が決定。しかし、航空法上の高度制限などの問題が・・・。数々の難関をクリアし、延べ日数450日、工事に携わった延べ人数40,000人にも及ぶ大工事の末、ついに1989年、エッフェル塔のように人々から愛される新しい福岡市のシンボル「福岡タワー」が誕生したのです。

1987年12月1988年6月1988年7月1988年9月1988年11月1988年12月

タワーの歩み

昭和62年  10月 福岡タワー株式会社設立
昭和63年   1月 福岡タワー着工
3月 立柱式
10月 上棟式
平成01年   1月 定礎式
3月 福岡タワー落成式
アジア太平洋博覧会開幕
(よかトピア)開幕
福岡タワー営業開始
9月 アジア太平洋博覧会閉幕
福岡タワー再オープン
平成02年   3月 展望者数100万人を突破
12月 日本モ卜ローラ(MCA無線)
電波送信開始
平成03年   3月 九州移動無線センター
(MCA無線)電波送信開始
8月 展望者数200万人を突破
9月 JR九州船舶無線電波送信開始
平成04年   5月 タワーホールオープン
平成05年   2月 展望者数300万人を突破
4月 福岡市消防防災情報カメラ
電波利用開始
西福岡マリーナマリンVHF海岸局電波送信開始
6月 NHK.RKB.KBC.TNCのVHF
4局5波電波送信開始
NHK-Fm電波送信開始
9月 FM九州電波送信開始
NTT九州移動通信網電波送信開始
平成06年   3月 開業5周年式典開催
7月 展望者数400万人を突破
(平成6年受賞) 第3回福岡クリスマス・デコレーション・コンテスト優秀賞
平成07年   4月 ユニバーシアード福岡大会
マークイルミネーションの点灯
平成08年   2月 展望者数500万人を突破
5月 郷土人形ミュージアム
(蒐遊館)オープン
11月 ももちブルーライトクリスマス
(共同ライトアップイベント)
スタート 実行委貸5社
(タワー・マリゾン・TNC・RKB・海浜センター)
平成10年   1月 展望者数600万人を突破
平成11年   3月 開業10周年記念式典開催
※記念事業として塔体照明をリニューアル
(平成11年受賞) アメリカ北米照明学会
ポール・ウォーターヴェリー-賞受賞
平成12年   3月 福岡コミュニティ放送電波送信開始
4月 ソニーWill電波送信開始
6月 展望者数700万人を突破
平成13年   4月 ニューセンチュリーグローバルネット電波送信開始
平成14年   1月 九州国際FM電波送信開始
平成15年   4月 展望者数800万人を突破
平成18年  4月 地上デジタル放送テレビ放送送信開始(NHK)
7月 地上デジタルテレビ放送送信開始(RKB・TNC・FBS・TVQ)
12月 地上デジタルテレビ放送送信開始(KBC)
平成19年   4月 展望者数900万人を突破
平成20年   3月 「恋人の聖地」認定
5月 福岡タワーオリジナルキャラクター「フータ」誕生
平成21年   3月 開業20周年記念レセプション・イベント開催
平成22年   1月 展望者数1000万人を突破
タワープロフィールTOPへ戻る
ページの先頭へ