季節の花が迎えてくれる「のこのしまアイランドパーク」で、癒やしの島時間を満喫!

こんにちは!福岡タワー スカイアテンダントです。福岡タワーでアテンドをしていると、おすすめの観光地を聞かれることが多いのですが、そんなときに絶対にお伝えする私のお気に入り観光地があります。それが、福岡タワー展望室からも見ることができるこちらの島。

能古島だフー♪

能古島は博多湾に浮かぶ島、タワーから車で10分、船で10分ほどの場所にあり、島ならではのゆっくりした時間を過ごすことができる人気観光地です。中でも、島内にある「のこのしまアイランドパーク」は、家族連れやカップル、女性グループやご年配の方々など、幅広い世代が訪れる観光スポットです。早速、フータくんと一緒に、その魅力をご紹介します!

福岡タワーからは、バス&フェリーで最短30分で到着!気軽に楽しむ島旅♪

福岡タワーから能古島を訪れるために、姪浜渡船場へ向かいます。まずは福岡タワー南口バス停へ。ここから出ている西鉄バス312番「マリナタウン・能古渡船場」に乗車すれば、およそ15分で姪浜渡船場へ到着です。

乗船券を購入すれば、早速10分の船旅へ♪

フェリーに乗って能古島にGO!

フェリーからは、ばっちり福岡タワーを見ることができました!タワーの左側には、ヤフオクドームも見えますね。船の上でしか撮ることができない、とっておきの記念写真です(≧∇≦*)

 

フェリーが到着するのは、能古島渡船場。「のこのしまアイランドパーク」へ向かうには、ここから「アイランドパーク行き」の西鉄バスに乗車します。バスに揺られること13分ほどで、いよいよ、のこのしまアイランドパークに到着です!!!

まずは特製「イモ天」&甘夏ジュースで腹ごしらえ!?

のこのしまアイランドパークへ入場してすぐ、なんだかおいしい香りが……。振り返るとそこでは、おばあちゃんたちがイモ天や甘夏ジュースを販売していました。まだ到着したばかりですが、まずは腹ごしらえ!

サクッとした衣にサツマイモの甘さがたまらないフー❤

 

何とこちらのサツマイモ、おばあちゃんたちが栽培したものだそう。1枚がとっても大きくて食べ応えがあります。また能古島名産の甘夏100%ジュースは程よい酸味で自然のうま味が詰まった爽やかなジュース。イモ天との相性もばっちりです◎

 

食べたら、ようやく観光スタートです!

案内図によると、お目当てのコスモス畑までの間に、お土産屋さんや喫茶店、焼き物屋さんなどいろんなスポットがあるよう。これは期待が高まりますね~!!!

 

歩き始めるとすぐにこんな素敵な花畑に出会えました!

ついつい立ち止まって写真を取りたくなる美しさ❤いろんなお花が咲いているので「あれは何?」「私はこの花が好き!」など、皆さん会話も弾んでいましたよ~!

まるでタイムスリップしたみたい!?懐かしさあふれる「思ひ出通り」

きれいなお花畑を眺めながら歩いていると、何やらあたりの雰囲気が変わり始めました。ここからは、昔懐かしい街並みが楽しめる「思ひ出通り」に突入です!

まず気になったのが「思ひ出や」さん。

昔懐かしい駄菓子やおもちゃが並び、童心に帰って、しばし懐かしの思い出トークに華が咲きます。さらにおすすめのお土産も発見!

能古島のオリジナルパッケージのサイダーは、飲み歩きにもいいかも。また、甘夏や温州みかんの「ねこんにゃくゼリー」は、一番人気のお土産だそう。海外からのお客さまも多く購入されている商品です!

また近くのお店では焼き物を販売中。しかもこちら、ただ焼き物を売るだけではありません。なんと、ろくろを使って自分で器を作ることもできちゃうんです!

旅の記念にチャレンジしたいフー!

 

さらにこちらのお隣には、絵付け体験を受け付けていました!

旅の景色を絵皿に残すなんて、粋な思い出作りにいかがでしょう(❁´ω`❁)

 

このほかにも、この「思ひ出通り」は見るものがいっぱい!

明治8年に建築された住宅を移築して土産物などを販売している「しまや」さん。

レトロな雰囲気を感じさせる店内でスイーツが楽しめる「喫茶 夢路」さん。

こちらの「わらべ館」さんは、福岡県出身の画家・西島伊三雄さんの作品が展示され、障子には直筆の作品が描かれているなど、見どころ満載です!

 

どのお店も見ているだけで楽しいので、ぜひゆっくりと巡ってみてくださいね。

季節の花と海がコラボした絶景が楽しめるお花畑へ!

「思ひ出通り」を抜ければ、いよいよ待望のお花畑です!のこのしまアイランドパークでは、春は菜の花、夏はひまわり、冬は水仙など、季節ごとにさまざまなお花畑を楽しむことができます。

私たちが訪れた秋は、コスモスが見ごろを迎えるころでした!

海とコスモスが一緒に楽しめて、うっとりするフー

 

コスモスは10月上旬から楽しめはじめ、11月上旬ごろまでが見ごろとなります。花畑前にはソフトクリームなどを販売する売店やレストランもあり、ごろんと寝転がるにはちょうどいい芝生広場もあります。取材当日もカップルや家族連れが多く楽しんでいました。時間を忘れて眺められるコスモス畑で癒やしのひとときを過ごしてみてはいかがでしょう。

また、花畑すぐそばにある展望台からは、対岸にある福岡タワーを見ることができましたよ~!

帰る前に食べたい能古島名物★能古うどん!

お花に癒やされた後は、おいしいごはんで満たされましょう。のこのしまアイランドパークで人気のグルメを食べたいなら、「耕ちゃんうどん」さんがおすすめです。

ここで食べられるのが、能古島名物の能古うどん。強いコシと歯ごたえが特徴のうどんです。今回は釜揚げをオーダー。また能古うどんのほか、食べ慣れた温かいおうどんもあります。せっかくなので、福岡でごぼう天うどんと並び人気の、丸天うどんも注文しました!

細麺でコシがある能古うどん、やさしいお出汁に丸天のうまみがマッチする丸天うどんどちらもおいしい~!あっという間に完食です!おうどんは店内で食べても良し、外で食べても良しです。座敷もあったので、お子さま連れでもゆっくり食事が楽しめそうですね。

 

のこのしまアイランドパークには、このほかにも山羊やうさぎと触れ合えるスポットやバーベキューハウス、ドッグランなどもあり、1日たっぷり遊べます。さらに宿泊施設まであるので、夜の島を楽しみたいという方にもおすすめです。

帰りは渡船場前でお土産GET!

のこのしまアイランドパークをあとにして、帰るだけと思ったあなた、その前に渡船場前を要チェックです!実は能古渡船場前は、お土産をゲットするのにぴったりなんです。

こんなおしゃれなカフェ兼雑貨屋さんもあります!

こちらのnoconico caféさんでは、能古島らしいグッズなどを販売しているので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。フェリーまでの時間があれば、スイーツとともに一休みもおすすめです♪

 

いかがでしたか。にぎやかな福岡の街ももちろん楽しいのですが、ときには島ならではのゆったりした時間に身を任せて、のんびり過ごしてみてはいかがでしょう。癒やしの島、能古島を、ぜひ福岡タワーと合わせてお楽しみください!

 

のこのしまアイランドパーク

住所 福岡県福岡市西区能古島

TEL 092-881-2494

営業時間 9:00~17:30、日曜・祝日は9:00~18:30(冬季は~17:30)

休園日 年中無休

入園料 高校生以上1200円、小・中学生600円、3歳以上400円

公式サイト http://nokonoshima.com/

 

福岡タワーから能古島へのアクセス

福岡タワー南口バス停から西鉄バス312番「マリナタウン・能古渡船場」で姪浜渡船場へ。姪浜渡船場から、フェリーで10分

記事一覧へ

福岡タワー周辺観光スポット